【挑戦】STEP1 プリズナートレーニング

最新のウェーブリング・ストレッチで筋膜リリースは出来るのか?トレーナーがお答えします。

ウェーブリング・ストレッチストレッチアイテム
たく
たく

ウェーブリング・ストレッチって何ですか?

あみ
あみ

筋膜リリースって出来るのかしら?

 

 

このような声にお答えします。

 

本記事の著者
この記事を書いているYujiは、医療資格を持つトレーナーです。アスリートのストレッチやトレーニングを担当し、10000件を超える症例経験を持ちます。

 

本記事では、ウェーブリング・ストレッチについて詳しく解説します。

 

本記事を読むと、ウェーブリング・ストレッチで筋膜リリースが可能かどうか知ることができます。

 

 

もし分からない点があれば、『お問合せフォーム』か『Twitter(@cc_yuji)』のDMで質問を受け付けています。

 

ウェーブリング・ストレッチとは

ウェーブリングとは、NPO法人日本ウェーブストレッチ協会が開発した商品です。

 

 

ウェーブリングは下記のような商品となっています。

伸びやかな姿勢作りの為のエクササイズ「ウェーブストレッチ」をより効果的に行うために、ボディアーチメイクアドバイザーの牧直弘氏が、スポーツ、ダンス、武道の経験と機能解剖学、運動力学など応用して開発したトレーニング機器が、このウェーブストレッチリングです。

このユニークな形状は、人間の骨盤・肋骨・足底の様々なアーチをイメージし設計され、体に各部位にフィットする安全な設計なので、どなたにでも、簡単に効果的なのストレッチをサポートしてくれます。

特にWアーチの特許形状が、今までにない筋肉の「ほぐし」を可能にし、さらに、インナーマッスルにより効果的な「ストレッチ」・「筋トレ」まで活用できる新セルフケア・ギアーです。
(引用:http://www.wavestretch.com/about/effect.html)

 

 

スポンサーリンク

開発者の牧直弘さんのツイッターはコチラ

ウェーブリングに関する情報を中心に発信しています。

もし、ウェーブリングをお持ちの方は、ぜひフォローしてみてください。

 

 

 

ウェーブリングを使ったストレッチ動画

ウェーブリングを使った効果的なストレッチ

動画中にもあるように、身体が硬い方にもオススメなアイテムです。

 

ウェーブリングによるストレッチは、筋膜リリースができるとされています。

筋膜リリースの動画も多数発信されています。

筋膜リリース ウェーブストレッチリング セルフコンデショニング

 

 

筋膜リリースとは

筋膜リリースとは

筋膜って知っていますか?

たく
たく

名前は聞いたことがありますね。

あみ
あみ

筋膜伸ばすと身体が柔らかくなるってやつかな?

 

初心者の方にも分かりやすく説明いたします。

 

筋膜とは

筋膜は、筋肉を包み込む膜のことを指します。
全身の筋肉は、この膜につつまれて間接的につながっています。なので、一部の筋膜が癒着(くっつく)すると、運動時にひっぱられ、円滑に関節を動かせなくなると言われています。

 

この件について、分かりやすく動画で解説しています。

06:25~ご覧ください。

Fascia & The Mystery of Chronic Pain | Dana Sterling | LIFE TALK

 

この筋膜は、全ての筋肉を繋げているわけではなく、

ある法則にのっとっていると言われています。

それが『アナトミートレイン』です。

 

 

アナトミートレイン

アナトミートレインは、全身に張り巡らされた筋・筋膜を通して、
姿勢や動作がどのように得られるか解剖学的見解から示された理論です。筋膜リリースをする際は、このレールの流れを知ることが重要です。

 

 

筋膜リリース

筋膜リリースは、癒着した膜を、こすったり、引き離したりすることで、

癒着から解放するテクニックです。ウェーブリングは、硬い素材でできた商品です。

 

なので、写真のように押し当てて、滑らせることで、筋膜がリリースされるかと思います。

 

☞こんな悩みがある方にはオススメです!
1.腰痛でお悩みの方
2.肩のコリでお悩みの方
3.1人で出来るストレッチをお求めの方

 

 

商品の比較

ウェーブストレッチリング木製ウェーブストレッチリング
¥4,860¥9,350
★★★★★★★☆☆☆

 

初心者の方は、硬すぎると痛める恐れがあるため、

ソフトタイプのウェーブストレッチリングがオススメです。

 

 

まとめ

ウェーブリング・ストレッチは、筋膜リリースできる可能性があるため、オススメです。慣れてきたら、筋膜のレールを理解して、もう一段階上のストレッチにチャレンジしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました