スポンサーリンク

アスリートをサポートするトレーナーという夢を叶えた人の4つのルール

アスリートをサポートするトレーナーという夢を叶えた人の4つのルール雑記
スポンサーリンク
たく
たく

トレーナーとして活躍するために必要なことを知りたいです。

あみ
あみ

何をすれば夢を叶えられるか知りたいです。

 

 

このような声にお答えします。

 

 

本記事の著者
この記事を書いているYujiは、医療資格を持つトレーナーです。アスリートのストレッチやトレーニングを担当し、10000件を超える症例経験を持ちます。

 

 

本記事では、アスリートをサポートするトレーナーという夢を叶えた人の4つのルールをご紹介します。

 

本記事を読むと、夢を持つことが叶えるための一歩であることを知ることが出来ます。

 

Yuji
Yuji

もし分からない点があれば、『お問合せフォーム』か『Twitter(@cc_yuji)』のDMで質問を受け付けています。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アスリートをサポートするトレーナー

アスリートをサポートするトレーナー

『トレーナーとしてテレビで見るようなプロの舞台の裏側に立ちたい!』

『アスリートをサポートしたい!』

このよな夢を描いたことはありませんか?しかし、実際は、夢を実現できる人は多くないんです。

では、夢を叶える人と夢を叶えられなかった人の違いはどんな所にあるのでしょうか?

多くの選手やトレーナーに出会って、生の話を聞いてきた私が、夢を叶えた人の共通ポイントを紹介します。

 

夢を叶えた人の4つのルール

夢を叶えた人の4つのルール

夢を叶えた人には、共通点が4つあります。結論から言うと下記が挙げられます。

1.目的がはっきりしている

2.手段は後回し

3.メタ認知能力が高い

4.自己評価が高い

 

1.目的がはっきりしている

ご覧いただいているあなたは、下記の質問にどう答えますか?

  1. なんでトレーナーになろうと思ったんですか?
  2. どんなトレーナーになりたいですか?
  3. あなたが実現したいことは何ですか?

 

 

上記の質問に回答できましたでしょうか?私が相談を受けた時に、上記の質問をすると答えられない方が大半でした。①は答えられても②になると答えられないケースが多いです。憧れは、誰しもが何かのきっかけで持つものです。例えば、大好きなスポーツでケガをした時にお世話になったのがトレーナーというストーリーは良くあります。選ぶきっかけは誰しもにあるので①は答えやすいです。しかし、どんなトレーナーになりたいか問われると、そこまで考えていない人が多いです。本当に重要なのは②や③の質問なんです。どんなトレーナーになりたいという目的がないのは、ゴールがないRPGゲームをやっているのと変わらないからです。

②や③に答えられなかった方は、まず目的を明確にしましょう。目的の考え方は2種類あると考えています。1つ目、あなた目線から考える目的、2つ目は、チーム・選手目線から考える目的です。

トレーナーというのは個人事業主なので、チームや選手から雇用されなければ職はありません。そのため、選ばれるという事も重要な要素なのです。あなた目線から考えるのは勿論ですが、雇用者側の目線を持つことで、どんなスキルを取得すれば良いのか明確になります。

 

2.手段は後回し

目的が明確になっていないのに、手段に走る方は凄く多いです。こんな経験ありませんか?

 

  1. テーピングを教えて欲しい。
  2. ストレッチが知りたい!
  3. ケガをもっと知りたい!

 

テーピングやストレッチなどは、トレーナーとして重要なスキルです。しかし、これはチームや選手をサポートするための手段に過ぎないんです。こんな問いをかけると分かりやすいです。

1.あなたはテーピングをするためにトレーナーを選んだんですか?

2.あなたはストレッチをするためにトレーナーを選んだんですか?

 

ほとんどの方が、答えは『No』だと思います。なぜ、トレーナーという職業を選んだのか?その答えは、あなた自身が持っていると思います。もう一度初心に戻って考えてみることをオススメします。

 

3.メタ認知能力が高い

メタ認知とは、自分の認知活動を客観的にとらえる事を指します。つまり、自分のやっていることを、客観的な目線で見れるという事です。これはトレーナーに限らず重要な要素です。常にチームや選手からどんな目で見られているのか知っておく必要があります。どれだけチームのために働いているかは、大切な評価なんです。例えば、チームが優勝に向けて走っている時に、遅刻等でチームの指揮を落とすよな行動は、どう見えるでしょうか?これが無意識による行動だった場合、非常に危険です。夢を叶える人というのは、常に自分がどう見られているか考えながら行動しているんです。

 

4.自己評価が高い

自己評価が高いというのは、つまり自信です。自信というのは、前に進むために重要な要素です。例えば、何か提案があった時に下記の言葉がふと出ていませんか?

 

  1. いやっ
  2. でも。。
  3. 無理なんじゃない?

 

 

これらは、基本後ろ向きな思考に凄く多いです。無理という前提があるので、新しいことに挑戦できません。物事は、捉え方で変わるんです。ポジティブにとりあえずやってみる精神で実行すると上手くいくことが多いです。トッププレイヤーのトレーナーになるという夢を描けない人は、自己評価をもっと高めるべきなんです。何かに取り組んだら、失敗しても成功しても、やった自分を認めてあげましょう。挑戦する数が増えれば、成功することも出てきます。それが成功体験に繋がり、自己評価を高めるんです。なので、活躍しているトレーナーは、自信に満ち溢れていることが多いです。

 

まとめ

夢を描いて挑戦することは素晴らしいことです。周囲から笑われようと関係ありません。自分を信じて、最後まで突っ走ってください。きっと叶うと信じて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました