スポンサーリンク

【スポーツトレーナーを目指す学生の理由ランキング】1000人アンケート調査

【スポーツトレーナーを目指す学生の理由ランキング】1000人アンケート調査雑記
スポンサーリンク
たく
たく

スポーツトレーナーってどんな人が目指すんですか?

あみ
あみ

どうすればトレーナーになれますか?

 

 

このような声にお答えします。

 

 

本記事の著者
この記事を書いているYujiは、医療資格を持つトレーナーです。アスリートのストレッチやトレーニングを担当し、10000件を超える症例経験を持ちます。

 

 

本記事では、【スポーツトレーナーを目指す学生の理由ランキング】1000人アンケート調査をご紹介します。

 

本記事を読むと、スポーツトレーナーを目指す学生の理由が分かります。

 

Yuji
Yuji

もし分からない点があれば、『お問合せフォーム』か『Twitter(@cc_yuji)』のDMで質問を受け付けています。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポーツトレーナー

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーとは、病院や接骨院で働く環境とは異なり、チームスポーツに帯同する者を言います。主な仕事内容としては、選手の健康管理やケガの対応、リハビリなどが挙げられます。プロ野球や日本代表などに帯同していることが多く、スポーツにとにかく関わりたいと夢見る学生が沢山いる職業です。では、実際の学生がどんな理由で、トレーナーを目指すのか見てみましょう。

 

スポーツトレーナーを目指す理由

ランキング

スポーツトレーナーを目指す理由は、下記が多いです。

1位部活動でトレーナーにケガを見てもらった
2位将来スポーツに関わる仕事がしたいと思ったから
3位スポーツ選手をサポートしたい
4位接骨院に通っていて、沢山お世話になったから
5位選手を引退してトレーナーが必要だと感じたから

【1位】 部活動でトレーナーにケガを見てもらった

高校の部活動では、トレーナーが帯同してくれることも多いです。しかし、プロチームのように常時いるわけではなく、試合のみ帯同するのが一般的で、テーピングやストレッチ、試合中のケガ対応などを行います。この他にも、トレーナーには重要な役割があります。それは、選手の心のケアです。一生懸命練習してきて出場した試合中のケガは、選手にとっても悲壮感におわれる瞬間です。そんな時に、近くで支えているのがトレーナーなんです。親身になって支えてくれた姿は、選手に刺さり、将来の進路でトレーナーを決断するケースが多いです。

 

【2位】 将来スポーツに関わる仕事がしたいと思ったから

トレーナーを目指すほとんどの若者がスポーツ経験者です。将来の仕事を考えた時に、大好きなスポーツに関わりたいと思った人もいるのではないでしょうか?私もその一人です。スポーツに関わりたいけど、それはスポーツメーカーなど商品提供という形ではなく、もっと選手の近くにいたいと希望を持つ方が多いんです。その手段として、トレーナーが選ばれることがあります。

 

【3位】 スポーツ選手をサポートしたい

テレビで見るスポーツ選手をサポートしたいと思ったことが一度はあるのではないでしょうか?トップアスリートは、トレーニングやコンディショニング、栄養、メンタルなど様々なトレーナーからの支援を受けて1年間を戦い抜きます。一緒に憧れの舞台で戦いたい若者は多いんです。他にも高校や中学、ジュニアをサポートしたいと願う若者も多いです。中でも、ジュニアをサポートしたいという若者の多くは、選手の成長に関わりたい!とコメントしています。

 

【4位】 接骨院に通っていて、沢山お世話になったから

学校の帰り道に接骨院を目にすることがありませんか?接骨院は、病院に比べて安価で通いやすいため、部活帰りに立ち寄る人も多いんです。コメントの中には、治療だけでなく、復帰するまでのトレーニング指導してくれた姿は、脳裏に強く焼きついていて、人生の憧れになったと言う方もいました。

 

【5位】 選手を引退してトレーナーが必要だと感じたから

学校を卒業後も選手を職業としている方は、沢山のトレーナーと関り、治療を受けています。そのため、経験からどんな治療が必要か?明確であることが多いです。特に選手として競技に関わった経験者がトレーナーになることはメリットしかないんです。例えば、野球経験者がトレーナーだとキャッチボールできますよね?未経験者がプロ選手とキャッチボールするのは、球の勢いを考えると難しいです。そのため、練習の補助やリハビリ中の相手としても最適なんです。他にも、ケガする瞬間に目がいく感覚をもっているのは大きいです。例えば、ラグビーのケガする瞬間は素人目だと分からないはずです。ですが、競技者というのは、ふと目がいく感覚をもっているんです。これは、いち早くケガした選手の元へ駆けつけるために大事な能力です。

 

 

スポーツトレーナーを目指す学生が取得を考える資格

スポーツトレーナーを目指す学生が取得を考える資格

スポーツトレーナーを目指すにあたり悩むのが資格です。医療資格には、柔道整復師や鍼灸あん摩マッサージ指圧師、理学療法、アスレティックトレーナーなど複数の資格が存在します。実はトレーナーになりたい競技種目で取得資格は異なるんです。どの資格を取るべきか明確にするためにも、ぜひ一読ください。

《学生必見》スポーツトレーナーで稼ぐために身に付けたい6つの能力
スポーツトレーナーとは、現場で選手の健康管理やリハビリ等に従事する者を指します。チームや選手の裏方としてサポートする姿は多くの学生が憧れる職業です。しかし、学生のほとんどが夢を叶えられていないのが現状です。それは、プロスポーツチームの少なさにあります。例えばプロ野球チームは12球団しかありません。各チームに5名トレーナーがいるとしても、60名です。

 

プロ野球選手のトレーナーになるための資格に関する内容も、記事にしていますので、ぜひご覧ください。

プロ野球トレーナーに1番必要な国家資格とマインド。スポーツに関わりたい学生は必見です。
トレーナーになるためには、必要な資格の取得が不可欠です。では、どんな資格なのでしょうか?結論から言うと医療資格です。まずは、阪神タイガース・トレーナーというキーワードで検索してみました。たまにプロ野球球団も公式で募集をかけているので要チェックです。

 

 

養成学校卒業後の進路

養成学校卒業後の進路

スポーツトレーナーという大きな夢を持っても、挫折する方がほとんどです。それは、学校側だけでなく、本人の問題も大いに関係するんです。1回きりの人生なので、夢を実現するために、全力で取り組むことを強くオススメします。夢を叶えた人の共通点をまとめていますのでご覧ください。

アスリートをサポートするトレーナーという夢を叶えた人の4つのルール
『トレーナーとしてテレビで見るようなプロの舞台の裏側に立ちたい!』『アスリートをサポートしたい!』このよな夢を描いたことはありませんか?しかし、実際は、夢を実現できる人は多くないんです。では、夢を叶える人と夢を叶えられなかった人の違いはどんな所にあるのでしょうか?多くの選手やトレーナーに出会って、生の話を聞いてきた私が、夢を叶えた人の共通ポイントを紹介します。

 

まとめ

皆さんが思い描く夢は、きっと叶います。ネガティブに考えるのではなく、常に前向きな姿勢で夢に向かって突っ走ってください。その一つ一つの挑戦が経験として積み重ねられ、きっと大きな舞台へと導いてくれるはずです。みなさんの未来に期待しています。

 

何かに迷いがあるのであれば、私が背中を押します。

☞相談する

コメント

タイトルとURLをコピーしました