スポンサーリンク

考える習慣を身につける!どんな現場でも成功する共通点!『振り返り』のメリット3選

考える習慣を身につける!どんな現場でも成功する共通点!『振り返り』のメリット3選雑記
スポンサーリンク
たく
たく

どうやれば成功できますか?

あみ
あみ

何やっても上手くいかないんです。

 

このような声にお答えします。

 

 

本記事の著者
この記事を書いているYujiは、医療資格を持つトレーナーです。アスリートのストレッチやトレーニングを担当し、10000件を超える症例経験を持ちます。

 

 

本記事では、考える習慣を身につける!どんな現場でも成功する共通点!『振り返り』のメリット3選を紹介します。

 

本記事を読むと、成功する為の共通点を知ることができます。

 

Yuji
Yuji

もし分からない点があれば、『お問合せフォーム』か『Twitter(@cc_yuji)』のDMで質問を受け付けています。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

振り返り

振り返り

振り返りとは、一日の活動した内容を、終了直後に思い出しながら話して情報共有することを言います。例えば、高校野球では、野球日誌という形で、1日の活動をノートに書くという習慣を聞いたことはありませんか?これは、1人でも出来る『振り返り』なんです。振り返りは、毎日良い時も悪い時も行うことが最大のポイントです。

 

振り返りを毎日やる理由

振り返りを毎日やる理由

人間は、いつも同じことをするのが苦手です。例えば、野球投手の場合、いつもと同じように投げているつもりでも、1回目と2回目は全く違うはずなんです。もし、同じことを当たり前に行えれば、確実にコントロールできる球がキャッチャーミットに吸い込まれるはずです。それが出来ないのは人間の機能なんです。しかし、時には、同じことを再現できる確率が高い日があります。再現性が高い日は、調子が上向きな事が多いです。1日の終わりになぜ、良かったのか?振り返り、良かったポイントは、ルーティンの一つとして取り入れることがあるんです。これはいわゆる『ゲン担ぎ』とも言われることがあります。なので、良い状態を維持・向上した方は、振り返る習慣をつけることがオススメです。

 

振り返るメリット

振り返るメリット

振り返りによるメリットは3つあります。

1.なぜ良かったのか?悪かったのか?考えて修正ポイントを探せる。

2.対策して次に望める。

3.考える習慣が身につく

 

振り返りは、修正点を探したり、対策を講じるといったメリットがありますが、一番大切なのは考える習慣です。これはスポーツや仕事、学生生活も共通する部分です。例えば、仕事で何かサービスを売っている場合、ただ1日の売上を考えて売るようでは、いけません。1日の売上や顧客情報から、新たなサービスを追加したり、リノベーションを図るのが大切なんです。私たちトレーナーも同じです。選手やチームのために、どんな1日を過ごして、その結果どうだったか?必ず振り返る時間をとることが、成功するためには重要なんです。

 

考える習慣は成功への道

考える習慣は成功への道

考えるを習慣化できている方は、まだまだ少ないです。アスリートも、考える習慣の有無で差が出ているように思います。考える習慣作りは簡単ではありません。これは日々積み重ねた経験値から生まれるものです。だから、高校野球で良く耳にする野球日誌が存在するんです。

 

振り返ための注意点

振り返ための注意点

振り返りは、1日の出来事を思い出すだけでは意味がありません。下記のポイントに注意して振り返りを行う必要があります。

1.1日の出来事

2.出来事に対して感じた事

3.自分ならどうするか?

 

上記3つのポイントが大切です。つまり、1日の出来事をその日で終わらせず、次の日に繋げることがポイントなんです。だから、出来事を思い出して、感じたことを書いて、自分ならどうするか考えて、明日実行することが大切なんです。これは当たり前のように見えて、凄く難しいんです。この習慣を当たり前に出来れば、トレーナーに限らず、あらゆる方面で成功するはずです。ぜひ取り組んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました