【挑戦】STEP1 プリズナートレーニング

口コミ急上昇No1!ケトジェニックダイエット!ハイパー燃焼モードを作り出す方法と注意点

ケトジェニック・ダイエットダイエット
たく
たく

ケトジェニックって何ですか?

あみ
あみ

良いダイエット法が知りたい

 

 

このような声にお答えします。

 

本記事の著者
この記事を書いているYujiは、医療資格を持つトレーナーです。アスリートのストレッチやトレーニングを担当し、10000件を超える症例経験を持ちます。

 

本記事では、ケトジェニックについてご紹介します。

 

本記事を読むと、ケトジェニックダイエットの方法と注意点がわかります。

 

 

もし分からない点があれば、『お問合せフォーム』か『Twitter(@cc_yuji)』のDMで質問を受け付けています。

 

ケトジェニックとは

ケトジェニックとは

ケトジェニックとは、上質な脂肪とタンパク質を摂取して、炭水化物を制限する世界的にも有名な食事療法です。別名、『ケトジェニック・ダイエット』とも呼ばれています。これは、炭水化物の摂取を制限し、ケトン体を増加させるダイエット法です。

Yuji
Yuji

では、ケトン体とはなんでしょう?

 

ケトン体とは

ケトン体とは

ケトン体は、脂肪の合成や分解に関わる代謝物 です。炭水化物を摂取して、エネルギー源として活用されるグルコース(ブドウ糖)が減少すると、血糖値を維持するため、肝臓に貯蓄されるグルコースが利用されます。

 

Yuji
Yuji

この仕組みを利用するのがケトジェニック・ダイエットです。

 

 

ケトジェニック・ダイエットとは

ケトジェニック・ダイエットとは

ケトン体の仕組みを利用したダイエット方法です。糖質を制限することで、グルコース(ブドウ糖)の供給を減少させ、体内にケトン体を増量し、脂肪が燃焼するカラダを作ります。これにより、なかなか落としにくかった内臓脂肪も減少させることができます。

Yuji
Yuji

そもそも内臓脂肪の原因とはなんでしょうか?

 

 

内臓脂肪の原因

内臓脂肪の原因

内臓脂肪の一つの原因が炭水化物です。炭水化物を摂取するとブドウ糖となり、腸から体内に吸収されます。吸収されたブドウ糖は肝臓でグリゴーゲンとなります。このグリコーゲンが身体のエネルギーとなって消化されます。しかし、グリコーゲンが肝臓に貯蔵しきれなくなると、血中の糖が上昇します。これによりグリコーゲンから脂肪が生成されることがあります。これが内臓脂肪の出来る原因です。

 

Yuji
Yuji

これよりケトン体を増加し脂肪燃焼する身体作りは内臓脂肪にも効果的と言えます。

 

 

ケトジェニック・ダイエットの効果

ケトジェニック・ダイエットの効果

ケトジェニック・ダイエットは実践することで2つの効果があるとされています。

スポンサーリンク

1.ハイパー脂肪燃焼モード

ケトン体の仕組みを利用することで、ハイパー脂肪燃焼モードを作り出し、皮下脂肪と内臓脂肪をエネルギーとして消費する効果があります。そのためダイエットとして世界的に活用されています。

 

2.脳が活性化する

人の身体は、エネルギーにより運動することができます。このエネルギー源は、基本的にはブドウ糖になりますが、ケトジェニック・ダイエットにより、脂肪をエネルギー源として活用できることで、脳が活性化すると言われています。

 

3.血糖値を抑える

インスリンは血糖値の上昇を抑える役割があります。そのため、インスリンが分泌しなくなると血糖値が高値となり糖尿病になります。炭水化物(ブドウ糖)の摂取を抑えるケトジェニック・ダイエットは、脂質でエネルギー源を作ることから、血糖値の上昇を抑える可能性があります。しかし極端な糖質制限は、注意が必要です。

 

 

ケトジェニック・ダイエットの注意点

ケトジェニック・ダイエットの注意点

炭水化物を制限して、ケトン体がエネルギー源になると『ケトーシス』という状態になります。ケトン体が過剰に生成されるケトーシスは、吐き気や嘔吐、腹痛などの症状を起こすので注意が必要です。

 

ケトジェニックと糖質制限の違い

ケトジェニックと糖質制限の違い

一般的な糖質制限は、一日の摂取糖質量を100~130gに抑えて、タンパク質と脂質を摂取します。しかしケトジェニックは、一日の糖質を40~60gに制限します。このため、他の糖質制限より、かなり抑えた食事療法となります。

 

ケトジェニック・ダイエットの食事

ケトジェニック・ダイエットの食事

ルールとして、脂質70%、タンパク質20%、炭水化物10%とすることです。一般的には、炭水化物の摂取は20~30g程度にすることが多いようです。

 

☞タンパク質の含有量に関する記事

Yuji
Yuji

1日に必要なエネルギー量ってどれくらいでしょう?

 

1日に必要なエネルギー量

1日に必要なエネルギー量は、目標体重と身体活動レベルから算出できます。

簡単に算出できるサイトはこちら☞ke!san

 

身体活動レベルとは

身体活動レベルとは、1日当たりのエネルギー消費量を、1日当たりの基礎代謝量で割ったものです。この身体活動レベルは3段階に分かれています。

身体活動レベル内容
低い生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の場合
普通座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む場合
高い移動や立位の多い仕事への従事者。あるいは、スポーツなど余暇における活発な運動習慣をもっている場合

 

まとめ

ケトジェニック・ダイエットは、過剰にやりすぎると各症状を起こすことがあるので注意が必要です。症状が現れてしまった場合は、中止し医療機関を受診しましょう。

 

☞栄養に関する記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました