スポンサーリンク

外出自粛で私が購入したホームジムおすすめのアイテム6選

ホームジムおすすめ商品トレーニング
スポンサーリンク
たく
たく

家でトレーニングジム作りたい

あみ
あみ

ホームジムって何買ったら良いですか?

 

 

このような声にお答えします。

 

 

本記事の著者
この記事を書いているYujiは、医療資格を持つトレーナーです。アスリートのストレッチやトレーニングを担当し、10000件を超える症例経験を持ちます。

 

 

本記事では、ホームジムのトレーニングアイテムを紹介します。

 

本記事を読むと、ホームジムを考えている方にオススメのトレーニングアイテムが見つかります。

 

Yuji
Yuji

もし分からない点があれば、『お問合せフォーム』か『Twitter(@cc_yuji)』のDMで質問を受け付けています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホームジムとは

ホームジムとは

従来はトレーニングジムに行き、フリーウェイトをすることが一般的でした。しかし、トレーニング機器も個人で購入できるレベルまで価格が下がってきており、自宅をジム化して24時間いつでも出来るスペースを作る人が多くなってきました。この自宅ジムをホームジムと呼びます。

Yuji
Yuji

そこで今回は私が購入したオススメのホームジムアイテムを紹介します。

 

 

ホームジムアイテムの選び方

ホームジムアイテムの選び方

ホームジムのアイテムは、目的によって異なります。例えば、ダイエット向きのジム、またはカッコイイ身体を作るボディビル向きのジムです。カッコいい身体を作りたい人は、ウェイトトレーニング系のマシン、ダイエットでは、脂肪燃焼系トレーニングに必要なマシンが必要になります。

 

Yuji
Yuji

今回はカッコイイ身体を作りたい人向けのアイテムをご紹介します。

 

 

一押しのホームジムアイテム6選

ホームジムアイテムのご紹介

カッコいい身体を作るには、腕立てやスクワットの他に、重量物を担ぐ種目であるBIG3が欠かせません。最低でもBIG3に必要なベンチやバーベルなどのアイテムは揃えたいですね。私が使ってみて良かったアイテムをご紹介します。

 

ハードベンチ

5.0

私が1番取り入れて良かったなと思う一押しアイテムです。他に比べて格安で多くの方が購入しています。ハードベンチで可能なBIG3種目のベンチプレスとデッドリフトは、胸筋と脚モモ筋を鍛えるのに最適です。その他にもダンベルと組み合わせたダンベルベンチやダンベルランジは、あなたの理想を実現します。

 

 

トレーニングハーフフィンガー

5.0

ベンチプレスやスクワットで、グローブをはめている光景を目にしたことはありませんか?その理由としてバーを握るトレーニングでは、汗をかいていると手が滑る危険があるからです。初心者だけでなく、身体を本気で作っているトレーニーは、ケガ予防のためにも、必ずつけましょう。私が使用するRDX製のトレーニンググローブは、ゴムグリップを採用しており、引き裂きや傷に対して強い耐久性があるため長く使うことが出来ています。

 

 

バーベルスクワットラック

5.0

下半身を強化する種目は、BIG3でデッドリフトの他にスクワットがあります。スクワットは、重量物を肩に担ぐため高さが必要です。身長を考えたマシン選びがポイントになりますが、バーベルスクワットラックは最高147cmまで上げることができるため、195cmの身長があっても対応できます。そして、重要なのがセーフティーバーです。もし、持ち上げきれなかった場合、バーベルにカラダを潰されないようにセットであるものを選びましょう。バーベルスクワットラックは、9段階の調整が可能です。購入する際、この商品はスクワットラックのみなので注意してください。

 

 

スクワットパッド

5.0

スクワットする時に必要になるのがスクワットパッドです。スクワットでは、首や肩に重量物を乗せるため初心者であっても上級者であっても痛いです。私も、これがないとスクワットは持ち上がりません。必ずスクワットラック購入時に併せて購入を検討してください。

 

 

懸垂マシン

5.0

背筋は、猫背で悩んでいる方には特に重要です。猫背を改善するには、胸筋など体の前面より後面を鍛えることが大切です。懸垂マシンは、背筋を鍛えられるマシンです。高さ調整ができるため、高身長の方も安心して使用する事ができます。

 

 

可変式ダンベル

5.0

ダンベルというと各重さを用意しなきゃいけないから、場所が必要だよね。。と悩んだことはありませんか?私も、同じ悩みを抱えていて選んだのが可変式ダンベルです。可変式ダンベルは、プロ選手やジムでも採用されていて、従来のダンベルと違い、重量をその場でワンタッチで変更することが出来ます。これは場所も取らない為、購入して得した商品でした。

 

 

一緒に揃えたいアイテム

 

ストレッチマット

腹筋や背筋に重要な体幹トレーニングの他、床で行う種目は非常に多いです。沢山の商品が売られる中、何を選べば良いかで悩んでいるなら、10mmの厚さがありクッション性に優れていて持ち運びやすいReodoeer製のマットがオススメです。

 

 

バーベルダンベル

 

 

メディシンボール

メディシンボールをご存知ですか?メディシンボールは一言で言うと重たいボールです。真上や後ろに投げることで、腹斜筋や腹直筋を鍛えられます。マシントレーニングでは、身体を回す筋肉を鍛えるのは難しいのですが、メディシンボールはあらゆる方向に投げられるため、マシンでは強化できない筋肉をトレーニングすることが出来ます。

 

 

可変ケトルベル

ケトルベルは、全身を使って前後に大きく振ることができる器具です。スポーツや医療、美容、フィットネス業界から注目されていて、力を入れるタイミングや全身の使い方を学ぶのに役立ちます。可変式なので、1個で十分!利便性も優れています。

 

 

ディップスタンド

肩甲骨や肩腕周りの筋肉が鍛えられる大人気トレーニングアイテムです。野球などの投球時、肩周りを安定させたい方は、ぜひお試し頂きたいです。私は、ディップスタンドを活用して、肩甲骨外側の筋肉が強化され、懸垂の回数も伸びたので、懸垂でもっと回数を踏みたい方には、一押ししたいです。

 

 

インクラインベンチ

大胸筋をあらゆる方向から刺激するアイテムです。普段のベンチでは、真上からしか負荷を与える事が出来ません。しかし大胸筋は、他の筋肉に比べて大きく広いです。インクラインベンチを使用することで、角度を変えて、まんべんなく大胸筋を刺激することが可能です。

 

 

ミラーシール

ジムに行くと、必ず鏡を目にしませんか?見逃されがちですが、トレーニングはフォームが重要です。パーソナルトレーニングによる指導を求める方もフォームチェックを理由に受講する方が多いです。鏡があれば自分のトレーニングフォームをその場でチェックすることが可能です。しかし、鏡を買うと高いですよね。そんな悩みを私も持つ中見つけた長さ調整が可能なミラーシールをオススメします。シールなので割れないのも特徴で、私は、一押しです!

 

 

一式揃えるならゴールドジム

ゴールドジムが運営するフィットネスショップがホームジムを応援しています

他にも取り揃えたいかたは、ぜひご覧ください。

 

\ホームジムおすすめ商品多数/

ゴールドジム公式サイトはコチラ

 

 

 

まとめ

自分の目指す身体に合わせたホームジムアイテムを選びましょう。トレーニング機器は消耗品でもあるので、長く使えるものを選ぶのがオススメです。

 

☞トレーニングフォームに自身がない方は、パーソナルトレーナーをオススメします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました