【挑戦】STEP1 プリズナートレーニング

ファンクショナルトレーニングの5原則|フィットネスジムも多数導入!

ファンクショナルトレーニングトレーニング
たく
たく

ファンクショナルトレーニングって何ですか?

 

あみ
あみ

やり方が知りたいです

 

このような声にお答えします。

 

本記事の著者
この記事を書いているYujiは、医療資格を持つトレーナーです。アスリートのストレッチやトレーニングを担当し、10000件を超える症例経験を持ちます。

 

本記事では、ファンクショナルトレーニングについて紹介します。

 

本記事を読むと、ファンクショナルトレーニングの方法を知ることができます。

 

 

もし分からない点があれば、『お問合せフォーム』か『Twitter(@cc_yuji)』のDMで質問を受け付けています。

 

 

ファンクショナルトレーニングとは

ファンクショナルトレーニング

ファンクショナルトレーニングは、従来の筋力トレーニングとは異なり、人間の機能に即したトレーニングで、パフォーマンスの向上や外傷予防の面でも効果的であることから、ジムだけでなく、医療分野など広く取り組まれています。このトレーニングには、下記の通り5つの原則があります。

  1. 重力(gravity
  2. 分離(dissociate)と協同(integrate
  3. キネティックチェーン(kinetic chain
  4. 3面運動(3dimension movement pattern
  5. 力の吸収(loading)と力の発揮(unloading
スポンサーリンク

1.重力

重力とは、『地球上の物体を地球に引きつけようとする力。厳密には、地球との間に働く万有引力と、地球の自転による遠心力との合力。』と定義されています。

 

Yuji
Yuji

例えば、水の入ったバケツを振り回したことはありませんか?

この時、バケツが逆さまになったとしても水がこぼれないのは、水にかかる重力よりも遠心力が強いため、水はこぼれずに、バケツに張り付いています。まさに、この水こそが私達人間です。

人間は地球で生活している限り、重力下で動いています。そのため、重力に打ち勝つことを意識したトレーニングを取り入れることが重要です。

 

2.分離と協同

人間のカラダには、骨と骨を繋ぐ関節が68個あります。各関節には、適切な可動域(動く範囲)が存在し、大きく2つの役割に分類されます。

それが、動き(Mobility Joint)と固定(Stability Joint)です。

Yuji
Yuji

例えば、肩は大きく回せるので、動きになります。しかし、肘は、曲げ伸ばししか出来ないので、固定にあたります。

これはスポーツ動作でも応用されていて、スイングや投動作で、股関節が重要ですと言われるのは、まさに股関節が、動きの役割を担う関節だからです。股関節が他の関節へ代償動作の影響なく、安定して動かすことが出来れば、力の伝達が円滑に行われます。

このためファンクショナルトレーニングでは、動きと固定を意識することが大切です。

 

3.キネティックチェーン

人間の身体は、一つの関節や筋肉では動くことができません。複数の関節や筋肉が複合的に運動することで身体を動かします。

例えばボールを投げる際は、足を踏み込み、体幹を捻って、腕を動かします。

この一連動作を、効率的に行うことで、力が地面から上手に伝わり速いボールを投げることが出来ます。力の伝達が途切れてしまうと、速いボールを投げられないだけでなく、ケガをする確率も高くなります。

この連動をキネティックチェーンと呼んでいます。

 

4.3面運動

人間は3面の中で、動作を行っているとされています。

Yuji
Yuji

3面とは、どの部分をいうのでしょうか?

1.矢状面

身体を正面から左右に分けた面の事を指します。脚や腕を前後に振る動作が、矢状面の運動です。

2.前額面

身体を側面から前後に分けた面の事を指します。脚や腕を左右に広げたり、首を左右に傾ける動作が、前額面の運動です。

3.水平面

身体を上下に分けた面の事を指します。身体を捻る動作が、水平面の運動です。

 

ファンクショナルトレーニングは、上記の3面を意識した運動が重要です。

 

5.力の吸収と力の発揮

人間は、力を発揮するために準備として、反対方向に力を溜める運動(力の吸収)を行います。

Yuji
Yuji

例えば、垂直飛びを高く飛ぼうとすると、深く沈み込みますよね?

これは、まさに力を発揮する準備として、力の吸収が行われている瞬間です。ゴルフでも、遠くに飛ばすには、テイクバックが重要であるように、スポーツ動作でも多く見受けられます。

このよな、力の吸収に注目した運動も、ファンクショナルトレーニングの特徴です。

 

 

絶対に見ておきたい本

絶対に見ておきたい本

アスレティックボディ・イン・バランス

理学療法士であるGray Cookが、あらゆる動きに注目して誕生した、ファンクショナルムーブメントスクリーンのknow-howが詰まった本です。私が知る限り、ファンクショナルトレーニングを追求するトレーナーのほとんどが読んでいます!

 

MOVEMENT

今あらゆる所で話題となっている動作の質的測定を行うためのシステム「ファンクショナルムーブメントスクリーン(Functional Movement Screen:FMS)」と「セレクティブ・ファンクショナルムーブメントアセスメント(Selective Functional Movement Assessment:SFMA)」が、日本語訳されて上陸しました。ファンクショナルトレーニングについて興味がある方は、絶対に購入するべき一押しの本です。

 

ファンクショナルトレーニング

上記2冊は、読むのが難しいという方に必見です。とにかく分かりやすく解説されています。初心者の方は、コチラの本から入っても良いと思います。

 

 

導入店

女性専用ボディメイクサロン【RIZAP WOMAN】

自分至上「最後美」のボディラインにコミットするために充実した、 美しくなるためのプログラムを提案してくれる女性に嬉しいマンツーマン型のジムです。

RIZAP WOMAN3つのポイント

1.筋トレだけではない!

ファンクショナルトレーニング、ストレッチなども含み、 ひとりひとりの目的と状態に合わせた完全オリジナルの「トレーニングメニュー」です。

2.低糖質だけではない!  

女性に必要な栄養をしっかりと加味した「お食事管理」が一押しです!2か月180食分の食事アドバイスに加え、運動や生活リズムを総合して、 ひとりひとりにとって痩せやすい食事のアドバイスを実施 糖質制限だけではない、自分にあった食事量やバランスが知れるから 卒業後も自分でコントロールできるようになります

3.筋肉へのアプローチだけではない!  

脂肪燃焼に効果のある美容マシンや美肌に導く美容マシンを完備 トレーニングとの相互効果で脂肪や肌にも効率的にアプローチ!

 

Yuji
Yuji

ファンクショナルトレーニングで、機能的かつ魅力的な身体作りに興味がある方はオススメです!

 

無料カウンセリングはコチラ

 

 

まとめ

近年、ただ筋トレで身体を作るだけでなく、機能に注目したトレーニングが大流行しています。ぜひ、この機会に自分の身体を見直してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました