【挑戦】STEP1 プリズナートレーニング

無理なく15kg痩せる最新カーボサイクルダイエット|炭水化物を摂取してストンと痩せる方法

カーボサイクルダイエットダイエット
たく
たく

カーボサイクルダイエットって何ですか?

あみ
あみ

カーボサイクルダイエットの効果が知りたいです。

 

このような声にお答えします。

 

本記事の著者
この記事を書いているYujiは、医療資格を持つトレーナーです。アスリートのストレッチやトレーニングを担当し、10000件を超える症例経験を持ちます。

 

本記事では、カーボサイクルダイエットについてを紹介します。

 

本記事を読むと、カーボサイクルダイエットの方法や効果を知ることができます。

 

 

もし分からない点があれば、『お問合せフォーム』か『Twitter(@cc_yuji)』のDMで質問を受け付けています。

 

カーボサイクルダイエットとは

カーボサイクルダイエットとは

今よりももっと綺麗になりたい!もっと細くなりたい!を叶えるのがダイエットです。

ダイエットには、糖質制限や、あえて脂質を摂取する方法など多岐にわたります。今回は、炭水化物の摂取を意図的にコントロールすることで痩せるカーボサイクルダイエットをご紹介します。

たく
たく

カーボサイクルダイエットって何ですか?

カーボサイクルダイエットは、別名炭水化物ダイエットと呼ばれ、炭水化物を多く摂取する日と抑える日を交互に繰り返すことで、波を作り体重を減らす方法です。

炭水化物を完全に摂取しない方法が流行していますが、含有されている食品を考えると非常に難しいです。

 

炭水化物を含む食品

炭水化物を含む食品

Yuji
Yuji

日常的に食べているもののほとんどが炭水化物です。

  • ごはん
  • うどん
  • パン
  • じゃがいも
  • さつまいも
  • おもち
  • パスタ
  • せんべい
  • とうもろこし

炭水化物を全てカットした場合、これらを摂取しないということになります。

さらに、炭水化物の大部分を占める糖質は、体内に吸収されることでブドウ糖に分解され、エネルギーとなります。車で例えるガソリンの役割を指します。そのため、炭水化物は厚生労働省が摂取基準量を公開するくらい大切な栄養素なので完全にカットするのはオススメしません

 

炭水化物の摂取基準

炭水化物の摂取基準

Yuji
Yuji

炭水化物の食事摂取基準を見てみましょう。

男性女性
目標量(%エネルギー)目標量(%エネルギー)
1~2歳50~6550~65
3~5歳50~6550~65
6~7歳50~6550~65
8~9歳50~6550~65
10~11歳50~6550~65
12~14歳50~6550~65
15~17歳50~6550~65
18~29歳50~6550~65
30~49歳50~6550~65
50~69歳50~6550~65
70歳以上50~6550~65
妊婦(付加量)
授乳婦(付加量)
  • 目標量は炭水化物エネルギー比率(%)で示されています。炭水化物エネルギー比率(%)=炭水化物(g)×4/総エネルギー(kcal)×100
  • 妊婦、授乳婦では数値の掲載はありませんが、目標量がないということではありません。通常時を参考にして適度な摂取が大切です。
  • 上記の目標量にはアルコールに由来するエネルギーも含みますが、アルコールで代用してよいという意味ではありません。

(引用:https://jp.glico.com/navi/e07.html)

 

カーボサイクルダイエットの方法

カーボサイクルダイエットの方法

Yuji
Yuji

カーボサイクルダイエットは下記の日程を繰り返します。

日程内容
1日目糖質制限、脂質増
2日目糖質制限、脂質増
3日目炭水化物摂取、脂質減

この間隔で難しいという場合は、生活習慣に合った間隔で行っても問題ありません。

次に大事なのはカロリー計算です。

カーボサイクルダイエットは、1週間の総摂取カロリーは変えずに、炭水化物を多く摂取する日と抑える日を作ることで体重を減らします

例えば1日のカロリーが、2500kcalの場合、2500×7日間で17,500kcalとなります。

そこに波を作るのがカーボサイクルダイエットです。

日程kcal
1日目2000
2日目2000
3日目3750
4日目2000
5日目2000
6日目3750
7日目2000
合計17500

 

カーボサイクルダイエットの欠点

カーボサイクルダイエットの欠点

2020年6月15日 yahooニュース(抜粋)

カーボサイクルは比較的新しいダイエット法。食事の糖質レベルを毎日変えることで得られる効果に関する研究はまだ少なく、長期間続けることによる体への影響については分からないことが多いため、この食事法を取り入れようと思っている人は短期間でトライするのがおすすめ。

また食事や運動方法を変える前に主治医に相談することももちろん大事。糖尿病や血糖値に問題がある病歴がある人は、糖質の摂取量を増減させるカーボサイクルダイエットは向いていないといえそう。

ほかの欠点としては、食事の計画を作るのが大変で時間がかかるところ。主要栄養素の摂取量を調整するには食材の種類や量の細かいコントロールが必要だし、そのせいで続けるのが難しくなってしまう。

「主要栄養素をカウントし糖質を毎日変化させるということは、一種の制限された食事法といえます。そして、いかなる食事制限にも摂食障害を引き起こす重大なリスクがあります」というのは、本能的な食事についての専門家で登録栄養士のウィロー・ジャロシュさん。

「栄養素の計算にあまりこだわりすぎず、自分のライフスタイルに合わせて柔軟にカーボサイクルのようなダイエット法を取り入れられる人もいると思いますが、それができない人も多くいます」と付け加えた。

 

炭水化物のダイエットに関する本

全米で最も成功しているダイエット法!インスリンをコントロールして痩せる。ヘラー夫妻が自ら開発し、修得した技術、教育、経験を基にした「炭水化物中毒者のためのダイエット」を提案。膨大な症例を参考に、炭水化物中毒という摂食障害を確実に解消するダイエットプログラムを紹介する。

 

まとめ

無理なく自分の生活習慣に合ったダイエットを見つけると効果的に楽しく痩せることができます。一部の全てを制限すると、どうしても継続できない方が多いです。そんな方にオススメの方法がカーボサイクルダイエットです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました